保証付きのエアコン取り付け業者を探そう

世の中でDIYが人気になって以来、男性はもちろん女性の中では様々な大工仕事や取り付け仕事を自分でチャレンジするようになっている人が多いです。確かに自分で日曜大工や作業をするのは楽しいことですし、多くの場合コスト削減にもつながります。とはいえ中には特定の資格を有していなければ作業ができないような事柄もあります。特に電気仕事に関しては電気工事士の資格がなければ行えないような作業も多くあるのではないでしょうか。エアコンの取り付けが個人でも取り付け可能であるという事は多くの人が知っているかもしれませんが、一方でコンセントの交換やブレーカーの問題など、素人では対処しにくい工事も関係してくることがあります。また新品のエアコンともなるとせっかく高いお金を出して買ったものを、自分自身で取り付けを行った結果不備があり故障させてしまうという危険を冒したくはないでしょう。それでたとえ個人で工具などを持っていることや、DIYを普段行っているとしても、高価なエアコンに関してはきちんと業者に取り付けを依頼するのが賢明といえます。

やはり保証があった方が安心

サイトエアコンの取り付けなど個人で行う場合と業者に委託する場合の最大の違いは、保証期間の有無でしょう。自分で取り付けをした場合は確かに取り付け費用はかからないかもしれませんが、その後の保証やサポートというものがありません。一方きちんと業者に取り付けを依頼した場合は多くの場合きちんと保証がつくはずです。逆に保証をきちんとつけてくれないような業者さんにはお仕事を依頼しない方が良いでしょう。様々な工事関係の業者さんは現在インターネット上でお仕事を受け付けてくれています。

エアコンの取り付けに関しても例外ではなくエアコン取り付けの見積もりを一括で行えるようなサイトも存在しています。こうした複数の業者への見積もりを取りまとめているようなサイトや会社では、きちんと保証をつけていることが多いので、工事後のサポートや保証がきちんとしているところを選んで相談してみるようにしましょう。中にはかなり急いで工事を依頼したいというお客さんもいるはずですが、こうした見積もりサイトでは複数の業者と提携しているため、とにかく最短で工事をしたいという場合はこのような見積もりサイトを利用することによって、1番早く動ける業者さんを探すことも可能です。さらにこのようなエアコン取り付け業者を一括で見積もれるサイトでは、工事費込みで新品のエアコンを格安販売している場合もあります。ですから必ずしも新品を買ってから取り付け業者を探すというよりも、最初からこうした見積もりサイトを利用して工事費と新品のエアコン購入を合わせて考慮することができます。

標準取付工事と追加工事

エアコンの取り付けに関してどのような作業が関係するのか素人にはなかなかわからない部分も多いと思います。まずエアコンの取り付け工事においては標準取付工事と追加工事の2つに分かれるということを覚えておきましょう。標準工事というのはエアコン設置に必要な最低限の工事だけのことを述べている場合が多いです。例えば配管用の穴を開けて室内機や室外機を設置すること、配管類のテープ巻き上げや、エアコン取り付けの際には非常に大切な真空引き作業、そして最後の試し運転までです。

もちろん特別な要素が関係しなければこの標準取付作業で工事は完了することになります。しかし場合によっては追加工事が発生する可能性があります。例えば室外機の設置場所が限られていて、ベランダや庭の地面にポンと置いて設置することができない場合です。屋根の上に取り付けたり、壁面に取り付けたり、場合によっては吊るすタイプの取り付け方もあります。さらにエアコン専用のコンセントというものが必要になってきますので、コンセントの電圧が異なる場合にはコンセントの交換などが必要になってきます。そして壁の材質が木材以外で作られている場合に配管を通す穴を開ける作業に関しても追加費用が必要になってくるでしょう。

トータルでかかる費用をしっかりと計算してから工事依頼

インターネット上でエアコン取り付けの工事費用を調べてみると、極端に安い金額を提示している業者もあります。しかし多くの場合それは最低限の工事の事だけを並べていて、どんなものを追加工事として設定しているか、追加工事に関してはどれぐらい費用が加算されていくかはよく調べてみないとわかりません。結局相場よりも高いなんてことにもなりかねません。ですからエアコン取り付けの工事依頼をする場合には自分の部屋の状況などもしっかりと理解し、どんな追加工事が発生するかをきちんと説明できるようにしておく必要があります。

細かな見積もりをしてトータルでどれだけ費用がかかるかをしっかりと計算してから工事依頼をするようにしましょう。もちろん新規のエアコンを取り付けるだけでなく、今までついていたエアコンを取り外す必要がある場合は、それも忘れずに伝えるようにしましょう。また配管にかぶせる化粧カバーの設置に関しても追加費用がかかります。こうした化粧カバーを標準装備だと思い込んでしまうと、後から思わぬ出費がかかる場合があります。化粧カバーの取り付けは希望者にしか行われないということも覚えておきましょう。

まとめ

エアコンの取り付けには多くの場合様々な作業が関係してきます。新築の家に一から新品でエアコン購入して、ただ取り付けるという場合はまだ良いですが、一般的にはエアコンの移設や、古いエアコンを取り外してから新品を取り付けるという場合が多いでしょう。部屋のタイプも一軒家からマンション、アパートまで様々です。賃貸の家であれば大家さんによってどの程度の工事までが許されているかを確認する必要もあります。工事そのものの作業はもちろん、ルール確認等も面倒なエアコン取り付け工事ですので、やはり信頼できる業者を見つけるのが大切です。最寄りの電気屋さんや量販店のサービスなどに頼るのも良いかもしれませんが、インターネットでの見積もりサービスを利用するとお得なサービスもたくさんありますのでぜひ利用してみてください。