工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について

暑い夏にも寒い冬にも、今やエアコンは必要不可欠な家電です。買い替えや引っ越しでエアコン取り付けを業者に依頼する場合、作業日時を予約する際に気になるのが時間。所要時間はどれくらいか、時間指定はできるのか、ほかの用事を入れても大丈夫なのかなど、めったに依頼しないものだけに分からない人も多いでしょう。また、新築の家に取り付ける場合とすでに穴が開いているところにつけてもらう場合、また、戸建てとマンションで所要時間に違いがあるのでしょうか。このサイトでは、そういったエアコン取り付けの時間についての疑問を解消すべく、説明します。

所要時間は1時間半程度

時間エアコンの取り付け作業のみの場合、作業にかかる時間はおおむね1時間半程度です。ただし、これは標準工事で取り付ける場合の目安となります。標準工事というのは、まず、配管パイプ用の穴を開け、室内機を部屋の壁に設置する。その後室外機と室内機を配管パイプで接続し、室外機を設置する。その後真空引き(エアコンの内部を真空にし余分な水分を取り除く)をし、試運転をする、という一連の流れがある工事のことです。この標準工事で済まない場合、追加作業が発生し、作業時間も延びることになります。

よくある追加作業としては、エアコン配管の延長、室外機を壁掛けや天吊り、屋根置きといった特殊な方法で設置しなければならない場合の設置工事、エアコン用コンセントがなく新たにつけなければならない場合の開設工事、エアコン用コンセントの電圧変更作業、化粧カバーの取り付けなどがあります。また、木材以外の材質の壁に穴開け作業を行う場合や、配管穴の位置が部屋の中と外で異なっている場合に隠蔽配管という特殊な配管穴に配管を通さなければならず、その場合も追加作業が必要になります。

時間指定はできないことが多い

エアコンの取り付け作業を予約する際、時間帯の指定はできるのでしょうか?引っ越しで忙しい時など、時間帯を指定してほかの予定を入れたいと思う人もいるでしょう。ですが、エアコン工事業者の多くは時間帯の指定ができません。これは、上述したようにエアコン工事には追加作業が発生することがあり、厳密な時間の約束をするのが難しいこと、また、効率よく複数の工事をこなすため、作業日直前にどの家にどういう順番で回るかを決定するためです。ですが、仕事や保育園の送迎等の都合でどうしても不在になる時間帯がある場合は伝えてみるとよいでしょう。14時から15時半の間だけといった時間指定は断られる可能性が高いですが、10時から16時の間といった幅のある依頼であれば聞いてもらえることも多いです

時間が確定するのは前日夜か当日朝

作業日が決まった後作業時間が実際に確定するのは、多くの場合前日の夕方~夜か、当日の朝です。担当者の携帯から電話がかかってくる場合もあるので、普段は知らない電話番号は出ないようにしている人も、この時は出るようにしましょう。朝の連絡の場合は、10時頃までには連絡が入ります。前日の夜20時頃や当日の朝8時頃など、普段あまり電話がかかってこないような時間に来ることもあるので、着信に気づけるようにしておいたほうがよいでしょう。また、この時に伝えられる時間は目安なので、特に午後の後半になると前の作業次第で時間が後にずれ込んだり、逆に早めに行ってもよいかという連絡が入る場合もあったりします。

建物のタイプでかかる時間は違う?

新築でまっさらな壁に穴を開けるところから始める場合と、すでに穴が開いている場合では作業時間は異なってくるのでしょうか?実際はほとんど変わらず、どちらの場合でも目安時間は1時間半程度です。また、戸建てかマンションかといった建物の種別によっても特に変わりはありません。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント
エアコン取り付ける位置は決まっている?
エアコン取り付けはDIYでできるの?