エアコン取り付ける位置は決まっている?

今やアパートでも付いていて当たり前の感があるエアコンですが、新たにエアコン取り付けをしようとすることや、移設をしようとした場合、エアコンを取り付ける位置などで迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。なんとなく窓際の高い位置というのはイメージ的にわかるものの、新たに壁に穴を開けたり取り付けたりする場合にはどのあたりに、どの高さに付けるべきか迷ってしまうこともあるでしょう。さらに室内のことだけでなく室外機をどのスペースに置くかという室外の状況なども考えなければなりません。エアコン設置の計画を立てている人はどんなポイントを抑えておけば順調に作業ができて、設置したあとの冷房効率なども良くなるか学んでおきましょう。

エアコン取り付けの位置はどこがいい?

エアコンは基本的に高いところに設置して上から風を送るようにするのが基本ですが、エアコンの上部は天井にピッタリ取り付けるものではありません。5cmはスペースを空けるべきですし、高さだけでなく左右も5cmくらいはスペースを空けておく必要があります。スペースが足りないと電気効率が低下する結果になります。また設置する方向に関してですが、部屋の長辺側には設置しないように気をつけましょう。効率良く室内に風を送るためにも短辺側に設置して部屋全体にスムーズに冷房や暖房が行き渡るようにする必要があります。

効率よく部屋の温度を調整できないと無駄に電力を消費してしまうおそれもありますので、設置方向は大切です。正方形の部屋であれば窓の側に設置することだけ考えれば大丈夫だと思いますが、長方形の部屋に取り付ける場合に以上のことを覚えておきましょう。

低い位置は絶対ダメなの?

エアコンを低い位置に設置するのは絶対にダメなのでしょうか?もちろん物理的に難しいことではありませんし、低いところにあるとフィルターの掃除などがしやすくて便利だと感じる方もいるでしょう。しかしエアコンが大活躍する夏の時期はとにかく効率よく冷たい空気を充満させたいはずです。低い位置にエアコンを設置してしまうと周囲に家具などの障害物がある可能性が高く、電気効率が悪くなってしまう可能性があります。なによりも低い位置にエアコン取り付けしてしまうと部屋の見栄えが悪くなることが予想されます。

基本的に冷たい空気は下に溜まるものなので、エアコンの位置は高い位置につけ、風を水平に吹き出すことによって部屋全体をしっかりと冷やしていくことができます。部屋の作りによっても色々と変わってくると思いますが、エアコン取り付け位置が適切だと電気効率も良くなり快適な生活につながります。新たな位置に設置予定で、業者さんに取り付け依頼する場合は十分相談してからにしましょう。

意外と色々ある室外機設置場所

室外機バルコニーなどがある場合は室外機をバルコニーに置くのが一般的ですが、必ずしもバルコニーがある部屋にだけエアコン取り付けをするわけではありません。室外機の設置場所はできるだけ室内機に近い場所がいいとも言われているので、かなり柔軟に室外機の設置をおこなってくれる業者さんが多いです。例えば屋根や下屋に金具をつけて室外機を設置したり、天井吊りで設置したり、壁面に設置したりすることもあります。また室外機の2段置きをしている場合もあります。

エアコン設置が終わったとしても、エアコンのクリーニングはなるべくこまめにおこなわなければいけないものです。家庭用である壁掛けタイプでも1万円前後の費用をかけてクリーニングするのが一般的な相場ですが、エアコンを長い間使い続けるためにもこうしたメンテナンスやクリーニングを怠らないようにしましょう。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント
工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について
エアコン取り付けはDIYでできるの?