エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント

エアコン取り付け工事には、いろいろと考えておかなければいけないポイントがあります。取り付け位置の問題もありますが、これが大きな影響を与えることになるでしょう。エアコンの特徴としては、室外機とつながなければいけないということがあります。室内と室外をつなぐことになるため、スリーブ管を壁に通すことになりますが、新築の場合などでは、工事として考えておかなければいけないポイントです。

スリーブ管は、エアコンになくてはならないものです。冷媒とドレン管を通すことになってきますが、非常に大きな意味を持っています。いったいいつ穴を開けるのかによって、大きな違いが出てきます。エアコン取り付け工事の重要ポイントになってくるでしょう。このスリーブには、2つの工事方法があります。その違いを考えておくと、新築の段階でセットしておくべきかどうかも見えてくるようになるでしょう。

あとから開けるか先に取り付けるか

すでに建築済みの場合、スリーブが設置されておらず、あとから開けるケースが一般的です。好きなところにあけることができる方法ではあり、配管をきれいに隠すことができるようになります。好きなところに開けられる一方では、壁の中に何があるのかがわからないという問題を抱えるのがデメリットです。柱を傷つけることも出てきますし、筋交いを切断してしまう可能性も否定はできません。内部の鉄筋も見えないことから、構造的なリスクを抱えることになるでしょう。

先行して取り付けてしまう方法があります。壁を作るときにスリーブ管を埋め込んでしまう方法で、設計の段階から盛り込んでおくことが重要です。鉄筋や筋交いといったものを避けて設置しておくことができるため、切断したり傷つけたりするような事故は起きません。建築工事の段階から取り付けてしまうことから、好きな場所というわけにはいかなくなるのが問題です。ずれが出てしまうことにもなるため、冷媒管などが露出してしまう可能性も出てきます。

あと施工による筋交いの問題

工事軸組み工法で建てられた建築物の場合、エアコン取り付け工事は十分に注意しなければいけません。筋交い工法になっているため、エアコン取り付け位置と筋交いの根元がどうしても近づきます。この時にスリーブをあとから開けるということになれば、鑑賞する可能性が出てくるからです。ですが、ツーバイフォー住宅では、筋交いが存在しないことから、あとからでも問題はありません。

問題点として、開けた本人しか傷をつけたことがわからないということもあげられます。下地センサーを使って調べていくことにはなりますが、壁の奥に筋交いが存在する場合には、発見できないことが出てきます。穴をあけた瞬間の手ごたえで、なにかものが存在するかどうかは判別することができますが、穴を開け始めた以上やめられないということも出てきてしまうのです。そのため、工事の時にはできるだけ自分たちの建物の構造がわかるように図面を用意する一方、注意を促すことが必要になってきます。

壁に穴をあける以上、断熱材とかはどうなるのだろうという疑問もあるでしょう。防水シートなどもあります。こうした材料に関しては、穴をあける際にきれいに切断されてしまうため問題はありません。漏水する可能性も、内部と外部からパテで防水処理をするため心配はいらないでしょう。スリーブ管の取り付けを先行している場合でも、間の周りがしっかりと処理されているかの問題もありますが、そこまで心配するような必要はありません。

エアコン取り付け工事は、いろいろな条件が絡んできます。スリーブ管の設置やあと施工に関しても重要な意味を持っているでしょう。どこに設置するのかによっても違いがありますので、十分な検討が必要になってきます。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付ける位置は決まっている?
工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について
エアコン取り付けはDIYでできるの?