アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと

総務省統計局の発表によりますと、日本の住居の約3割は賃貸物件となっています。はじめからエアコンが装備されている新しい物件も増えてきてはいますが、まだエアコンがない部屋や、住んでいる部屋のエアコンが古くて効かないなどという理由で借りている部屋にエアコンを取り付けたいとお考えの方もたくさんいらっしゃることでしょう。賃貸で借りている部屋にエアコンを取り付けたい時に注意すべき点を説明させていただきます。

まず大家さんと賃貸物件管理会社の許可を得よう

賃貸で借りている部屋に 新しくエアコンを取り付けたいとか、古いエアコンを新しいものに交換したいと考える時、最初に行うべきことは大家さんと賃貸物件管理会社に新しくエアコンを取り付けたいと伝え、許可を得ることです。エアコン取り付け工事では、壁に配管を通す穴を開けたり、室内機を壁に固定するためにネジで穴を開けたり、外壁にネジで室外機を取り付けたりと、部屋の壁に加工を施す必要があるからです。特に配管を通す穴に関しては、直径が5~10㎝と大きく壁の中に柱などのない、穴をあけても影響のない場所を注意して選ばないといけないので、後々のトラブルを避けるためにも、穴の直径、位置など、必ず事前に報告しておくべきです。大家さんや物件管理会社の許可を得ることなく賃貸物件に加工を施すことはトラブルを避けるためにも絶対にやめましょう。

エアコン取り付け費用は誰が持つのか話し合おう

費用大家さんと賃貸物件管理会社が新しいエアコン取り付けの同意や許可を出してくれたなら、一歩踏み込んでエアコン取り付け工事費用の負担は誰が持つべきかを考え、大家さんや賃貸物件管理会社と話し合ってみましょう。大家さんがエアコン取り付け工事費用を負担してくれる場合があるのです。まず、賃貸借契約書の中にエアコンが設備として記載されている場合です。賃貸借契約書の中に賃貸物件及びそれに付随する設備について記載されているページがあるのですが、そこにエアコンが記載されていれば、エアコンは大家さんによってメンテナンスされるべき設備になるのです。完全にエアコンが壊れてしまっているのなら、新しいエアコンを買ってもらえるよう交渉することも可能です。さらに、交渉賃貸借契約書に「契約期間中の修繕」という条項がある場合は、壊れた古いエアコンを修理してもらい、もし修理が不可能な場合は、代わりに新しいエアコンを取り付けるための費用を負担してもらえる可能性があります。つまり、賃貸借契約書の中で設備としてエアコンが記載されており、なおかつ賃貸借契約書の中に契約期間中の修繕の条項がある場合は、新しいエアコンの取り付け工事費用は大家さんが負担してくれる可能性が高いということです。

退去時に原状回復の必要があるのか確認しよう

エアコンを取り付けてもよいと、大家さんや賃貸物件管理会社の同意や許可を得たからといって、そこで安心してはいけません。賃貸物件にエアコンを取り付ける場合には、退去する際に元通りに修繕する必要があるかどうかまで確認しておくべきなのです。エアコンを取り付けるためには、大きな配管用の穴を壁に開けたり、室内機を固定するのにネジ穴をいくつも開けたり、言ってみれば壁に傷をつける作業を行うわけですが、この傷を元通りにするよう請求される可能性があるのです。「原状回復」といって、賃貸物件入居者は、故意、過失に関わらず物件につけた傷を元通りに修繕する義務があると原則的に考えられているのです。しかし、事前に大家さんと賃貸物件管理会社と話し合っておけば、原状回復する必要がなくなるかもしれませんし、予想もしなかった修繕費用を請求されることもありません。

新しいエアコンをアパートなどの賃貸物件に取り付けたい場合は、契約書をよく読み、大家さんや賃貸物件管理会社と十分にコミュニケーションを取った上で、話を進めるようにしましょう。

<関連記事>
エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント
エアコン取り付ける位置は決まっている?
工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について
エアコン取り付けはDIYでできるの?

エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント

エアコン取り付け工事には、いろいろと考えておかなければいけないポイントがあります。取り付け位置の問題もありますが、これが大きな影響を与えることになるでしょう。エアコンの特徴としては、室外機とつながなければいけないということがあります。室内と室外をつなぐことになるため、スリーブ管を壁に通すことになりますが、新築の場合などでは、工事として考えておかなければいけないポイントです。

スリーブ管は、エアコンになくてはならないものです。冷媒とドレン管を通すことになってきますが、非常に大きな意味を持っています。いったいいつ穴を開けるのかによって、大きな違いが出てきます。エアコン取り付け工事の重要ポイントになってくるでしょう。このスリーブには、2つの工事方法があります。その違いを考えておくと、新築の段階でセットしておくべきかどうかも見えてくるようになるでしょう。

あとから開けるか先に取り付けるか

すでに建築済みの場合、スリーブが設置されておらず、あとから開けるケースが一般的です。好きなところにあけることができる方法ではあり、配管をきれいに隠すことができるようになります。好きなところに開けられる一方では、壁の中に何があるのかがわからないという問題を抱えるのがデメリットです。柱を傷つけることも出てきますし、筋交いを切断してしまう可能性も否定はできません。内部の鉄筋も見えないことから、構造的なリスクを抱えることになるでしょう。

先行して取り付けてしまう方法があります。壁を作るときにスリーブ管を埋め込んでしまう方法で、設計の段階から盛り込んでおくことが重要です。鉄筋や筋交いといったものを避けて設置しておくことができるため、切断したり傷つけたりするような事故は起きません。建築工事の段階から取り付けてしまうことから、好きな場所というわけにはいかなくなるのが問題です。ずれが出てしまうことにもなるため、冷媒管などが露出してしまう可能性も出てきます。

あと施工による筋交いの問題

工事軸組み工法で建てられた建築物の場合、エアコン取り付け工事は十分に注意しなければいけません。筋交い工法になっているため、エアコン取り付け位置と筋交いの根元がどうしても近づきます。この時にスリーブをあとから開けるということになれば、鑑賞する可能性が出てくるからです。ですが、ツーバイフォー住宅では、筋交いが存在しないことから、あとからでも問題はありません。

問題点として、開けた本人しか傷をつけたことがわからないということもあげられます。下地センサーを使って調べていくことにはなりますが、壁の奥に筋交いが存在する場合には、発見できないことが出てきます。穴をあけた瞬間の手ごたえで、なにかものが存在するかどうかは判別することができますが、穴を開け始めた以上やめられないということも出てきてしまうのです。そのため、工事の時にはできるだけ自分たちの建物の構造がわかるように図面を用意する一方、注意を促すことが必要になってきます。

壁に穴をあける以上、断熱材とかはどうなるのだろうという疑問もあるでしょう。防水シートなどもあります。こうした材料に関しては、穴をあける際にきれいに切断されてしまうため問題はありません。漏水する可能性も、内部と外部からパテで防水処理をするため心配はいらないでしょう。スリーブ管の取り付けを先行している場合でも、間の周りがしっかりと処理されているかの問題もありますが、そこまで心配するような必要はありません。

エアコン取り付け工事は、いろいろな条件が絡んできます。スリーブ管の設置やあと施工に関しても重要な意味を持っているでしょう。どこに設置するのかによっても違いがありますので、十分な検討が必要になってきます。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付ける位置は決まっている?
工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について
エアコン取り付けはDIYでできるの?

エアコン取り付ける位置は決まっている?

今やアパートでも付いていて当たり前の感があるエアコンですが、新たにエアコン取り付けをしようとすることや、移設をしようとした場合、エアコンを取り付ける位置などで迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。なんとなく窓際の高い位置というのはイメージ的にわかるものの、新たに壁に穴を開けたり取り付けたりする場合にはどのあたりに、どの高さに付けるべきか迷ってしまうこともあるでしょう。さらに室内のことだけでなく室外機をどのスペースに置くかという室外の状況なども考えなければなりません。エアコン設置の計画を立てている人はどんなポイントを抑えておけば順調に作業ができて、設置したあとの冷房効率なども良くなるか学んでおきましょう。

エアコン取り付けの位置はどこがいい?

エアコンは基本的に高いところに設置して上から風を送るようにするのが基本ですが、エアコンの上部は天井にピッタリ取り付けるものではありません。5cmはスペースを空けるべきですし、高さだけでなく左右も5cmくらいはスペースを空けておく必要があります。スペースが足りないと電気効率が低下する結果になります。また設置する方向に関してですが、部屋の長辺側には設置しないように気をつけましょう。効率良く室内に風を送るためにも短辺側に設置して部屋全体にスムーズに冷房や暖房が行き渡るようにする必要があります。

効率よく部屋の温度を調整できないと無駄に電力を消費してしまうおそれもありますので、設置方向は大切です。正方形の部屋であれば窓の側に設置することだけ考えれば大丈夫だと思いますが、長方形の部屋に取り付ける場合に以上のことを覚えておきましょう。

低い位置は絶対ダメなの?

エアコンを低い位置に設置するのは絶対にダメなのでしょうか?もちろん物理的に難しいことではありませんし、低いところにあるとフィルターの掃除などがしやすくて便利だと感じる方もいるでしょう。しかしエアコンが大活躍する夏の時期はとにかく効率よく冷たい空気を充満させたいはずです。低い位置にエアコンを設置してしまうと周囲に家具などの障害物がある可能性が高く、電気効率が悪くなってしまう可能性があります。なによりも低い位置にエアコン取り付けしてしまうと部屋の見栄えが悪くなることが予想されます。

基本的に冷たい空気は下に溜まるものなので、エアコンの位置は高い位置につけ、風を水平に吹き出すことによって部屋全体をしっかりと冷やしていくことができます。部屋の作りによっても色々と変わってくると思いますが、エアコン取り付け位置が適切だと電気効率も良くなり快適な生活につながります。新たな位置に設置予定で、業者さんに取り付け依頼する場合は十分相談してからにしましょう。

意外と色々ある室外機設置場所

室外機バルコニーなどがある場合は室外機をバルコニーに置くのが一般的ですが、必ずしもバルコニーがある部屋にだけエアコン取り付けをするわけではありません。室外機の設置場所はできるだけ室内機に近い場所がいいとも言われているので、かなり柔軟に室外機の設置をおこなってくれる業者さんが多いです。例えば屋根や下屋に金具をつけて室外機を設置したり、天井吊りで設置したり、壁面に設置したりすることもあります。また室外機の2段置きをしている場合もあります。

エアコン設置が終わったとしても、エアコンのクリーニングはなるべくこまめにおこなわなければいけないものです。家庭用である壁掛けタイプでも1万円前後の費用をかけてクリーニングするのが一般的な相場ですが、エアコンを長い間使い続けるためにもこうしたメンテナンスやクリーニングを怠らないようにしましょう。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント
工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について
エアコン取り付けはDIYでできるの?

工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について

暑い夏にも寒い冬にも、今やエアコンは必要不可欠な家電です。買い替えや引っ越しでエアコン取り付けを業者に依頼する場合、作業日時を予約する際に気になるのが時間。所要時間はどれくらいか、時間指定はできるのか、ほかの用事を入れても大丈夫なのかなど、めったに依頼しないものだけに分からない人も多いでしょう。また、新築の家に取り付ける場合とすでに穴が開いているところにつけてもらう場合、また、戸建てとマンションで所要時間に違いがあるのでしょうか。このサイトでは、そういったエアコン取り付けの時間についての疑問を解消すべく、説明します。

所要時間は1時間半程度

時間エアコンの取り付け作業のみの場合、作業にかかる時間はおおむね1時間半程度です。ただし、これは標準工事で取り付ける場合の目安となります。標準工事というのは、まず、配管パイプ用の穴を開け、室内機を部屋の壁に設置する。その後室外機と室内機を配管パイプで接続し、室外機を設置する。その後真空引き(エアコンの内部を真空にし余分な水分を取り除く)をし、試運転をする、という一連の流れがある工事のことです。この標準工事で済まない場合、追加作業が発生し、作業時間も延びることになります。

よくある追加作業としては、エアコン配管の延長、室外機を壁掛けや天吊り、屋根置きといった特殊な方法で設置しなければならない場合の設置工事、エアコン用コンセントがなく新たにつけなければならない場合の開設工事、エアコン用コンセントの電圧変更作業、化粧カバーの取り付けなどがあります。また、木材以外の材質の壁に穴開け作業を行う場合や、配管穴の位置が部屋の中と外で異なっている場合に隠蔽配管という特殊な配管穴に配管を通さなければならず、その場合も追加作業が必要になります。

時間指定はできないことが多い

エアコンの取り付け作業を予約する際、時間帯の指定はできるのでしょうか?引っ越しで忙しい時など、時間帯を指定してほかの予定を入れたいと思う人もいるでしょう。ですが、エアコン工事業者の多くは時間帯の指定ができません。これは、上述したようにエアコン工事には追加作業が発生することがあり、厳密な時間の約束をするのが難しいこと、また、効率よく複数の工事をこなすため、作業日直前にどの家にどういう順番で回るかを決定するためです。ですが、仕事や保育園の送迎等の都合でどうしても不在になる時間帯がある場合は伝えてみるとよいでしょう。14時から15時半の間だけといった時間指定は断られる可能性が高いですが、10時から16時の間といった幅のある依頼であれば聞いてもらえることも多いです

時間が確定するのは前日夜か当日朝

作業日が決まった後作業時間が実際に確定するのは、多くの場合前日の夕方~夜か、当日の朝です。担当者の携帯から電話がかかってくる場合もあるので、普段は知らない電話番号は出ないようにしている人も、この時は出るようにしましょう。朝の連絡の場合は、10時頃までには連絡が入ります。前日の夜20時頃や当日の朝8時頃など、普段あまり電話がかかってこないような時間に来ることもあるので、着信に気づけるようにしておいたほうがよいでしょう。また、この時に伝えられる時間は目安なので、特に午後の後半になると前の作業次第で時間が後にずれ込んだり、逆に早めに行ってもよいかという連絡が入る場合もあったりします。

建物のタイプでかかる時間は違う?

新築でまっさらな壁に穴を開けるところから始める場合と、すでに穴が開いている場合では作業時間は異なってくるのでしょうか?実際はほとんど変わらず、どちらの場合でも目安時間は1時間半程度です。また、戸建てかマンションかといった建物の種別によっても特に変わりはありません。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント
エアコン取り付ける位置は決まっている?
エアコン取り付けはDIYでできるの?

エアコン取り付けはDIYでできるの?

DIYは日曜大工と訳されます。自分で家具を作ったり、家を修繕したりすることをいいますが、ではエアコン取り付けもDIYで済ませることは可能なのでしょうか。ほとんどの場合、エアコン取り付けは販売店がサービスで行うことが多いようです。しかし最近では、ネットショップで格安の、あるいは中古のエアコンを買う人が増えています。そうした場合、エアコン取り付けは業者に依頼するか、DIYするしかありません。費用を抑えたいときはDIYの一択となるわけですが、どのようにすればそれができるのでしょう。

エアコン取り付けをDIYする手順

まず、エアコン取り付けの場所を決めなくてはいけません。エアコンを稼働させるためには、100V以上の専用コンセントが必要なので、ない場合はその回路を開くことから始めます。

コンセントもでき、場所が決まったら、エアコン取り付けに必要な金具を打ち付けましょう。通常、エアコンを買った時には一緒に梱包されています。中古エアコンを買うときには、この金具があるかどうかを必ず確認してください。

次に穴をあけますが、この工程では電動ドリルが必要になります。また、刃も専用のホールソーという種類のものがいりますので、ない場合は事前にホームセンターなどで調達しておきましょう。穴の位置は、金具の少し下のあたりです。

この穴からは、本体と室外機をつなぐ電線、配管を通します。先に電線を通し、エアコン本体に接続させましょう。つながったら次は金具への取り付けです。エアコン本体を金具につけて、しっかりと固定します。

配管は二本、排水用と冷却用のものがありますが、両方とも穴に通して、室外機と本体をつなぎます。いずれも説明書に書いてありますので、初心者の人はしっかり見ながら作業を進めることが大切です。

エアコン取り付けDIYで忘れてはならない真空引き

エアコン本体と室外機をつなぐ配管には、冷却用のものがありました。この配管は、必ず真空状態にしておかなければいけません。真空状態ができていない場合には、空調のききも悪くなりますし、故障の原因にもなりえます。

この、配管を真空状態にする工程を真空引きといいます。エアコン取り付けをDIYで行う場合には、必ずこの真空引きを忘れずに行いましょう。数分から十分程度、真空ポンプで配管内の空気を完全に抜き取ります。

真空引きが終わったら、ボトルをしめて完了です。エアコンを稼働させてみて、正常に動くかどうか確認しましょう。

エアコン取り付けをDIYでするメリットとデメリット

エアコンエアコン取り付けは、DIYでも可能なことがわかりました。DIYでできれば、取り付け費用もかかりませんし、業者とやり取りする時間も必要なくなります。ネットで安いエアコンを買って、取り付けまで自分でできれば、販売店で買うよりコストはかなり抑えることができるでしょう。

しかし、エアコン取り付けをDIYで行うためには、そろえなければいけない工具もいくつかあります。それらの工具が自宅になく、今後も使う予定がない場合には、そろえる費用と業者に支払う費用を比べてみましょう。

エアコン取り付けは、DIYでも不可能ではありませんが、簡単なものでもありません。真空引きがうまくいかず、配管に残った不純物が故障の原因になることもあるでしょう。

そもそもエアコン取り付けを考える部屋に、専用コンセントがない場合には、素人がDIYで取り付けるのはさすがに難しいのではないでしょうか。今後エアコンが壊れたときのことを考えても、信頼できる業者を探しておくことは、デメリットにはならないはずです。数年間の保証付きのサービスもありますから、修理費用を考慮に入れたうえでの費用対効果を考えたいものです。

<関連記事>
アパートなどの賃貸物件に新しいエアコン取り付けを行いたい場合に知っておくべきこと
エアコン取り付け工事に必要なスリーブのポイント
エアコン取り付ける位置は決まっている?
工事予約前に要チェック!エアコン取り付けにかかる時間について